「先生が患者ならどうします?」 岡田正彦著

公開日:  更新日:

 治療の効果や薬の副作用などのデータから、医療の未来を読み解く医療統計学。その第一人者である著者が、現代医療を正しく利用するためのヒントを提示していく。

 病気にかかったら“いい病院”で治療を受けたいと誰もが思う。しかし、そんなときに参考にされる「病院ランキング」は信用に値しないと本書。例えば、全国がん(成人病)センター協議会という組織が公表する、がん手術のあとの5年生存率を病院ごとに示したランキングがある。これを見ると、5年後まで生き残っている患者が多いほどいい病院と思ってしまうが、上位の病院は初期がんの患者ばかりを治療し、重篤な患者は“お断り”しているケースもあるという。

 長生きしたければ、まず真実を知ることが必要だ。

(ダイヤモンド社 1300円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る