がん検診でむしろ早死にする!?

公開日: 更新日:

 芸能人のがんが報道されると、翌日からがん検診の受診者が増加するという。「がん検診で早期がんを見つけてもらった」、あるいは「もっと早くがん検診を受けていれば……」などと聞くと、がん検診は命を救うものというイメージも刷り込まれてしまう。

 しかし、本当にそうなのだろうか。岡田正彦著「医者の私が、がん検診を受けない9つの理由」(三五館 1200円+税)では、新潟大学名誉教授でもある医師が、数々の医学論文や学術データをひもときながら、がん検診の真実を明らかにしている。

 私たちががん検診を受ける理由は“死にたくないから”だ。つまり、がん検診が死亡する人の総数(総死亡)を減少させていなければならない。検診を受けた人とそうでない人を追跡調査することでそれは明らかになるが、実は総死亡が減少しているという確かなデータは存在しない。このような調査はランダム化比較試験と呼ばれるが、大腸がん検診では総死亡減少が認められず、胃がんや子宮頚がんでは試験自体が行われておらず、肺がん検診に至っては検診を受けた人の方が総死亡が多いという結果もあるのだ。

 がん検診による悲劇は過去にもあった。1973年、日本では小児がんである神経芽腫を早期発見する検診が誕生した。ところがのちに、神経芽腫の多くは治療をしなくても自然に治るものが多いことが明らかになった。2003年に厚生労働省は検診の中止を決定したが、その間、多くの小児が必要のない抗がん剤治療を受け命を落としてしまったのだ。

 小児がんだけの話ではない。悪性度が非常に高く早期の段階で転移が認められるがんがある一方、乳がんや前立腺がんでは無治療でも数年でがんが消滅したり、がんが大きくならずに天寿をまっとうしたというデータも数多い。がん検診は確かに早期発見に役立つが、必要のない治療が命を脅かしているとしたら、本末転倒と言うほかない。自分や家族にとってがん検診は本当に必要なのか、あらためて考えてみたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

もっと見る