「サラリーマンのごちそう帖」藤枝暁生著 阿部結/絵

公開日: 更新日:

 現役サラリーマンが北海道から沖縄まで巡り歩いた41軒の酒場ガイド。ガイドといっても、住所、電話番号など店の基本情報が載っているわけではない。もちろん読めば場所の見当はつく。本書の読みどころは、暖簾をくぐって店内に入ったあとの情景(お客の人間模様とか料理の味とか)がまるで映像を見ているように鮮明にイメージできる点だ。

「周りを見渡してみれば、皆、お約束のように紺かグレーの地味なスーツ。色とりどりじゃない…。まあ、いいか…。いやあ、飲むほどに声が大きくなっていき、その声に被せるように更に大きな声で。流石はサラリーマンの聖地、恐るべし、駒忠殿」(築地・駒忠)

 前著「サラリーマン居酒屋放浪記」の続編。

(朝日新聞出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    MLBとは対照的 旧態依然な“天下り天国”日本プロ野球の限界

  7. 7

    「ボイパのおっくん」も擁立 立民“プチ有名人”作戦の吉凶

  8. 8

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  9. 9

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  10. 10

    テレ朝vs日テレで勃発 若貴兄弟“和解特番”争奪戦の行方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る