冬は酒場、冬こそ居酒屋編

公開日:  更新日:

 やっぱり酒場は、寒い冬の熱燗が似合うのではないだろうか。どんな種類のアルコールだろうと、おいしくて楽しい時間をすごせるのが、酒場や居酒屋のいいところ。北風がピューッと吹いて、あったかい店が恋しくなる、そんな季節にピッタリの本を紹介する。

 なぎら健壱著「酒場のたわごと」を読むと、まるで飲み屋のカウンターかテーブル席にいる気分になれる。

 ぐいぐい“読める”エッセーは、サブタイトルどおり「酔って語ってつぶれて眠る……オヤジの寝言」をつづったもの。面白さは3つある。まずは、加齢や老いについて身につまされ、共感できる点。

 なぎらさんは、ある時トートバッグからマスクを取り出そうとする。入れたはずなのに、ガサゴソ探しても見つからない。おかしいなあ、と頭をひねったあげく、愕然とする。マスクをしている自分に気づくのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る