「サラリーマン居酒屋放浪記」藤枝暁生著

公開日: 更新日:

 酒場というのは、ただ単に酒を飲む場所ではなく、自分の過去を振り返ったり、他の客との交流を楽しむところだという。

 たとえば「千住の永見」(北千住)は、店内にメニューの短冊が咲き乱れ、注文に迷うほど。通常の2倍の濃さのハイボールをグイグイあおれば、常連から「その調子で飲んでると立てなくなるぜ」と言われ、周りからドッと笑い声が響く活気が魅力だ。

 他にも「岐阜屋」(新宿)、「立呑みマルギン」(銀座)など東京エリアから、帯広や米子、福岡まで、うまくて安い36軒を紹介。

 出張や転勤で全国を巡った現役サラリーマンがつづる“居酒屋放浪記”だ。(朝日新聞出版 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  5. 5

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

  6. 6

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  7. 7

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  8. 8

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る