「サラリーマン居酒屋放浪記」藤枝暁生著

公開日:  更新日:

 酒場というのは、ただ単に酒を飲む場所ではなく、自分の過去を振り返ったり、他の客との交流を楽しむところだという。

 たとえば「千住の永見」(北千住)は、店内にメニューの短冊が咲き乱れ、注文に迷うほど。通常の2倍の濃さのハイボールをグイグイあおれば、常連から「その調子で飲んでると立てなくなるぜ」と言われ、周りからドッと笑い声が響く活気が魅力だ。

 他にも「岐阜屋」(新宿)、「立呑みマルギン」(銀座)など東京エリアから、帯広や米子、福岡まで、うまくて安い36軒を紹介。

 出張や転勤で全国を巡った現役サラリーマンがつづる“居酒屋放浪記”だ。(朝日新聞出版 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る