「サラリーマン居酒屋放浪記」藤枝暁生著

公開日: 更新日:

 酒場というのは、ただ単に酒を飲む場所ではなく、自分の過去を振り返ったり、他の客との交流を楽しむところだという。

 たとえば「千住の永見」(北千住)は、店内にメニューの短冊が咲き乱れ、注文に迷うほど。通常の2倍の濃さのハイボールをグイグイあおれば、常連から「その調子で飲んでると立てなくなるぜ」と言われ、周りからドッと笑い声が響く活気が魅力だ。

 他にも「岐阜屋」(新宿)、「立呑みマルギン」(銀座)など東京エリアから、帯広や米子、福岡まで、うまくて安い36軒を紹介。

 出張や転勤で全国を巡った現役サラリーマンがつづる“居酒屋放浪記”だ。(朝日新聞出版 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る