万物の起源を解説「現代版・創世神話集」

公開日:  更新日:

「起源図鑑」グレアム・ロートン著 ジェニファー・ダニエル/イラスト 佐藤やえ訳

 すべての物事には始まりがある。科学や哲学、文学など、人が積み重ねてきた研究や思索は、すべて「私たちはどこから来たのか」という永遠ともいえるテーマへの挑戦ともいえる。本書は、宇宙の始まりから偶然の産物という電子レンジまで、万物の起源を解説した現代版「創世神話」集。

 今から約138億年前に起きた現象によって、何もない無の状態から、物質やエネルギー、時間や空間が自然発生的に生まれた。宇宙の起源がこの「ビッグバン」ということは今や常識。だが、実は宇宙が生まれた、その瞬間については、現実世界の理論ではいまだに説明することができず、ほとんど推測の域を出ていないという。その悩ましい問いに答える最新の研究の成果も取り上げる。

 以後、月や大気など順を追ってこの世界の一つ一つの起源を解説。

 多くの男性諸氏を悩ませ、かつ喜ばせるセックスの起源についても記されている。生命が誕生してから20億年間、セックスは地球に存在しなかった。

 教科書的答えでは、セックス=有性生殖の役割は、多様性を生み出し、進化の源と定義されている。しかし、その始まりも役割もまだよく分かっていないのだとか。なぜなら、有性生殖は効率が悪く、個体をそのまま複製する無性生殖の方がはるかに合理的だからだ。そこで、有性生殖の登場を必然にし、今も有利であり続ける理由を、ミトコンドリアの存在で証明する新説を紹介する。

 その他、今は7000種もあるという言語の始まりや、私たちはいつから「お酒を飲むようになったのか」「死者を埋葬するようになったのか」など身近な疑問まで、全53項目を面白エピソードを交えながら解説。

 これまで蓄えた知識が、今やかなり古いことを痛感させられる面白本だ。(ディスカヴァー・トゥエンティワン 2800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る