ダウンサイジングで悠々自適な年金生活

公開日: 更新日:

 定年時に3000万円の貯蓄がなければ“老後破産”する。銀行や証券会社はこう強調して我々を不安に陥れているが、そんな心配はないことを教えてくれるのが、荻原博子著「年金だけでも暮らせます」(PHP研究所 800円+税)である。

 明るい老後のために大切なのは危険な投資で貯蓄を増やそうとすることではなく、「資産の棚卸し」と「生活状況の洗い出し」をすること。そうすれば、実は年金だけでも十分に暮らしていけると本書。まずは一枚の紙に貯蓄から保険、不動産、ローンまですべて書き出してみる。資産と負債を“見える化”したら、金利が高いローンから返済するなど、プラスの資産を取り崩してマイナスを減らすことを考えるといい。

 棚卸しにより資産を健全化できたら、次は保険料を見直す。死亡保障が高い親の保険は、子どもが社会人になった時点で削ってしまおう。日本には100万円の治療を受けても自己負担額が9万円程度になる高額療養費制度があるため、わざわざ民間のがん保険に入らなくてもなんとかなる人は多いはずだ。

 保険をスリム化したら、生活費も精査してみる。1カ月の出費など把握しているという人でも、実際に精査すると驚くほど無駄が見つかるものだ。活用していない健康食品やスポーツクラブの費用をカットする、スマホと自宅のインターネット回線をセット契約する、夫婦2人暮らしになったら契約している電気のアンペア数を下げるなど、ちょっとした改善で高い節約効果がある工夫はいくらでもある。

「まとめ払い」や「振替加算」など、年金を多くもらう裏技も紹介。生活のダウンサイジングができれば、さほど老後を不安がることはないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  3. 3

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  8. 8

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  9. 9

    芸能事務所に忖度するテレビ局は考え直す時期にきている

  10. 10

    テスト大会で浮き彫り…東京五輪「立候補ファイル」の大嘘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る