「お金の整理学」外山滋比古著

公開日: 更新日:

 老後のお金について論じた生き方エッセー。

 かつて「働きアリ」と呼ばれた日本人の多くは、「定年後」という冬の時代の厳しさを真面目に考えず、何となく働き続ける「キリギリス」になってしまっていたのではないかと指摘する。

 一方で、定年後のことを考えるといっても、将来、年金が減らされるかもしれないからと、節約して貯金を増やそうとするのは違っているとも。貯金と年金で老後を乗り切ろうという考え方は、サラリーマン時代の惰性で老後を過ごそうとしていることと変わりなく、人生が面白くない。

 社会のマイナスと思われている高齢者の存在をどうすればプラスに変えられるのかと発想を変え、経済的にも精神的にも自立した老後を目指すべきと、第二の人生を生きるヒントを説く。

(小学館 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

もっと見る