「世界史を『移民』で読み解く」 玉木俊明著

公開日: 更新日:

 移民は、現代社会だけの問題ではなく、人類の歴史を通して見られた普遍的な現象であると著者は説く。歴史上、戦争や迫害、奴隷となったために移民となることを余儀なくされた人たちもいる。

 移民は、移住した先で技術や文化などを伝え、社会の変貌に貢献してきた。世界史とは、こうした移民が築き上げたものの集積だといっても過言ではないという。

 そんな人々の移動を通して、世界史を読み解いた歴史テキスト。

 ホモサピエンスによる2回の「出アフリカ」によって生まれた6大文明に始まり、ムスリム商人やバイキングなど、移動する人々=移民という観点から世界史を俯瞰し、文明がつくられ、世界がひとつに結びついていった過程をたどる。

(NHK出版 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る