「逃げ出せなかった君へ」 安藤祐介著

公開日: 更新日:

 大友が就職したのは、投資用マンションの営業をするブラック企業だった。昼間は電話営業、深夜と早朝は民家に飛び込み営業をしなくてはならず、同期の夏野と村沢も疲れきっていた。夏野は「ここで3年頑張れたら無敵になれる」と言ったが、投資説明会で過労から気を失ったとき、上司に殴られた大友は、耐えきれず辞表を出す。

 翌日、夏野からメールがきた。ピアノの得意な夏野はネットに「ピアノマンの6畳間」という動画を投稿していたが、その日はうつろな目をした夏野がミスタッチだらけの「てるてる坊主」を演奏していた。大友は、友人が自殺を図っていると110番し、夏野のアパートに向かうが……。

 ブラック企業に入ってもがく男を描く6編の短編。

(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

  10. 10

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

もっと見る