「親を送る その日は必ずやってくる」井上理津子著

公開日:

 相次いで両親を亡くしたノンフィクション作家がその看取りの日々をつづったドキュメント。

 2008年4月、母を乗せた救急車に同乗する義姉から連絡が入る。両親の近所に暮らす義姉によると、一緒に夕食の準備中、揚げ油を浴びてしまったという。やけどは体表の7%に及んだが、幸い命に別条はなく、医師は2、3日後には退院できると告げる。

 しかし、2日後の早朝、義姉に代わって認知症の症状が出始めた父を見守るため実家に泊まっていた著者は、母が危篤に陥ったとの電話で起こされる。

 生命維持装置を外す決断を迫られたり、入院費や葬儀代の工面、そして4カ月後に後を追うように逝った父親の最期まで、両親の死と残された者の葛藤を赤裸々につづる。

 (集英社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る