「親を送る その日は必ずやってくる」井上理津子著

公開日: 更新日:

 相次いで両親を亡くしたノンフィクション作家がその看取りの日々をつづったドキュメント。

 2008年4月、母を乗せた救急車に同乗する義姉から連絡が入る。両親の近所に暮らす義姉によると、一緒に夕食の準備中、揚げ油を浴びてしまったという。やけどは体表の7%に及んだが、幸い命に別条はなく、医師は2、3日後には退院できると告げる。

 しかし、2日後の早朝、義姉に代わって認知症の症状が出始めた父を見守るため実家に泊まっていた著者は、母が危篤に陥ったとの電話で起こされる。

 生命維持装置を外す決断を迫られたり、入院費や葬儀代の工面、そして4カ月後に後を追うように逝った父親の最期まで、両親の死と残された者の葛藤を赤裸々につづる。

 (集英社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る