「県民には買うものがある」笹井都和古著

公開日: 更新日:

「私」とヒロミちゃんは高校3年生。受験を終えて、若さを持て余したような漠然とした後悔が押し寄せていた。男を知らないことだけで、自分だけ画素の粗い世界にいるような、まごつきの中にいる。

 2カ月前、SNSの「滋賀県コミュニティ」で知り合った林田くんは、生まれてから25年間、滋賀で育って干からびきっている。今日も彼の車で湖岸道路から琵琶湖大橋方面に行き、ラブホテル街に流れ込むという滋賀中のカップルのお決まりのルートをなぞることになるだろう。滋賀ではミニシアター系の映画が好きな男より、車を持っている男のほうが強いのだ。(表題作)

 自分の環境に欠けている何かを満たそうともがく青春を描いた短編5編。

 (新潮社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る