「負けたくなかった」具志堅用高、西田浩著

公開日: 更新日:

 1976年10月。21歳の具志堅用高はWBA王者のファン・グスマンにKO勝ちし、新王者になった。格上相手の快挙に、ボクシング界は沸いた。ここから具志堅の人生は変わり、不安や恐怖と闘いながら長い防衛ロードを突き進むことになる。

 共著者は、具志堅を「青春のヒーロー」と呼ぶボクシングファンの新聞記者。具志堅へのインタビューを中心に、関係者の証言、日本ボクシングの歴史を交えてこの半生記をまとめた。

 具志堅は1955年、米軍占領下の沖縄・石垣島で生まれた。野山を駆け回る野性児で、とにかく負けることが大嫌いだった。

 本島の興南高校に入学し、野球部を志望したが、小柄な具志堅は相手にしてもらえず、体重制のあるボクシングを選ぶ。運命の巡り合わせだった。持ち前の負けん気でメキメキと力をつけ、3年生の時、高校の全国チャンピオンになった。

 その先は、大学に進学してボクシングを続け、五輪を目指すつもりだった。

 ところが、ボクシング界はこの逸材を放ってはおかなかった。協栄ジムの金平正紀会長は、具志堅を強引にプロ入りさせてしまう。もう後へは引けない。トンカツ屋に住み込みで働きながら、練習に励んだ。

 デビュー戦で辛勝。アマチュア時代になかった恐怖を感じ、後悔がよぎる。重圧に耐えて頑張り抜き、2年後、グスマン戦で世界王者になると、その後は勝ち続け、13回防衛の日本記録を打ち立てた。

 1981年、14回目の防衛戦でペドロ・フローレスに敗れ、王座陥落。「俺のボクシング人生は終わった」と感じた。まだ25歳だった。その後、テレビの人気者になっても、ボクシングを忘れてはいなかった。1995年、白井・具志堅スポーツジムを開設、浦添市出身の比嘉大吾を世界王者に育て上げた。

「海外でビッグマッチができるような世界的スターを育てたい」という夢を抱いて、長い第二の人生を歩き続けている。

(中央公論新社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  7. 7

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る