「夏の陰」岩井圭也著

公開日: 更新日:

 京都・亀岡市で運送会社のアルバイトドライバーとして働く30歳の倉内岳は、ある日、剣道の講習会で辰野という男に声をかけられ、逃げ帰ってしまう。

 15年前、岳の父・浅寄准吾は妻と岳へのDVの末、岳を人質にアパートに立てこもった。そして機動隊の一人を拳銃で射殺し、自分も自殺を図ったのだ。岳に声をかけてきたのは、亡くなった機動隊員の息子・和馬だった。

 卓越した剣道の腕を持ちながら大会にも出場せず、世間に隠れるように暮らしてきた岳だったが、病床にいる恩人の柴田から「大会に出ろ」と言われ、和馬との対峙を決心する。

 加害者と被害者の息子としてそれぞれ複雑な子ども時代を送った2人は、胴着を着て、ついに向かい合う――。

 気鋭の作家による社会派青春サスペンス。

(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  5. 5

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  6. 6

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  7. 7

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    悪いことしている自覚あり 野党時代の菅氏発言を振り返る

  10. 10

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

もっと見る

人気キーワード