北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「僕の母がルーズソックスを」朝倉宏景著

公開日: 更新日:

 朝起きたら母親が17歳の女子高生になっていた――というところから始まる物語だ。前日までは普通の母親だったのに、「あんたさ、マジでどこの誰?」と睨まれたら、16歳の潤平は驚くしかない。どうしたんだ芽衣子さん(潤平は母親を名前で呼んでいる)。「ちゃんと答えなきゃ、刺すよ」と包丁を握りしめて睨んでくるから、わけがわからない。

 中身が女子高生になっただけで、外側は39歳のままだから、鏡を見て「何、何なの、この顔!」と芽衣子さんはびっくり。最初は17歳の彼女がタイムスリップしてきたのかと思ったが、解離性健忘というのが医者の診断。つまり、17歳から昨日までの22年間の記憶を喪失してしまったと。原因はわからないと医者も言う。

 こうなると、芽衣子さんが記憶を取り戻すまでの話かと思うところだが、そうはならないのが面白い。芽衣子の17歳の日々が始まるのである。街のあちこちにペイントするグラフィティライターのグループと知り合って過ごした青春の日々を、芽衣子は少しずつ思い出していくのだ。渋谷の街を舞台に、カラーギャングに追われて逃げた夜のこと、グラフィティライターの仲間たちと笑い転げた日のこと、そうしたことが徐々に蘇っていく。

 つまり、何が楽しくて生きているのかわからず、うざいなあと思っていた母にもそして父にも、輝いていた日々はあったのだ。これはそのことを潤平が発見するまでの物語だ。 (講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る