「火のないところに煙は」芦沢央著

公開日:  更新日:

 作家の「私」は、書いたことのない「怪談」の執筆を依頼された。「あのこと」を書いてしまっていいものだろうか。逡巡しながら、お札で閉じられた封筒を取り出す。中には1枚のポスターが入っていて、そのポスターには、不吉な黒い染みがある。私は彼女を救えなかった……。後ろめたさを感じながら、パソコンに向かった。

 友人の身に起こった奇怪な出来事を題材に「染み」という短編を小説雑誌に発表した後、「私」には、人づてに怪談情報が寄せられるようになり、それらをネタに5話の短編を書くことになった。

 初対面の相手に、家族の不幸を一方的にしゃべりまくって救いを求める「お祓いを頼む女」。新婚のサラリーマンが隣家の中年女に根も葉もない不倫疑惑をかけられる「妄言」。若いネイリストが業火に身を焼かれる夢を繰り返し見る「助けてって言ったのに」。1人暮らしを始めた大学生が女の子の幽霊に怯える「誰かの怪異」。

 それぞれ全く別の話なのに、どこかでつながり、怪異が連鎖する。神楽坂の母と呼ばれる占い師、目の付けどころが鋭いオカルトライター、静かなる祈祷師など、その筋の登場人物も多彩。

 5話を1冊の本にまとめるために読み返していた「私」は、恐ろしい真実に驚愕する。脳裏に声が響く。「絶対に疑ってはいけないの」。この暑さを吹き飛ばす清涼感たっぷり。

(新潮社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る