• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ゴリラからの警告」山極寿一著

 農耕牧畜の出現以降、産業革命や情報革命を経て、人工的な環境で暮らすようになった人間という種。五感や体を使うことより通信機器を通じて頭でつながることを重視するようになった結果、その変化に人間の体と心がついていけず、さまざまな問題が起きている。本書は、長年ゴリラ研究を通じて人間の起源を探ってきた著者による、ゴリラの目から見た人間社会の実情に迫った警告の書。日常の中にヘイトスピーチが入り込み、形ばかりの民主主義国家に変質する共同体や国家の問題点にまで言及していく。

 たとえば、ゴリラの世界ではオスを中心に数頭のメスと子どもで群れをつくっている。

 オスの体重はメスよりも2倍近くあるが、必ずしもリーダーの後を他のゴリラがついていくわけではない。互いにブウブウとうなりながら行きたい方向を示し、希望の多い方向へと群れが誘導されていき、それがゴリラの社会の民主主義なのだという。

 一方の人間はどうか。議会機能が低下し、情報共有がなされず、政治的な駆け引きや暴力的な解決策が優先される今こそ、ゴリラに学ぶべきではないかと警鐘を鳴らしている。 (毎日新聞出版 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る