「脳人間の告白」高嶋哲夫著

公開日: 更新日:

 婚約者の秋子を乗せて帰宅中、本郷の車は事故に巻き込まれ大破。瀕死の重傷を負った本郷は、勤務する大学病院に搬送され同僚らによって手術が行われる。

 10日後、暗闇の中で覚醒した本郷は、親友の長谷川と同期の谷崎が会話する声を聞く。2人に話しかけようとするが声が出ない。やがて2人の会話から、彼らが自分の葬式から戻ってきたことを知る。事故の日、救命を断念した谷崎らが、ダメージを受けていなかった本郷の脳を取り出し、生前、本郷が研究開発を進めていた脳の生命維持装置につないだのだ。会話は振動によって脳に伝わっているようだ。ある日、本郷が絶望の日々を送る研究室に刑事が現れる。

 人間にとって死とは何かを問う衝撃の長編。

(河出書房新社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  7. 7

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

  10. 10

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

もっと見る