「脳人間の告白」高嶋哲夫著

公開日: 更新日:

 婚約者の秋子を乗せて帰宅中、本郷の車は事故に巻き込まれ大破。瀕死の重傷を負った本郷は、勤務する大学病院に搬送され同僚らによって手術が行われる。

 10日後、暗闇の中で覚醒した本郷は、親友の長谷川と同期の谷崎が会話する声を聞く。2人に話しかけようとするが声が出ない。やがて2人の会話から、彼らが自分の葬式から戻ってきたことを知る。事故の日、救命を断念した谷崎らが、ダメージを受けていなかった本郷の脳を取り出し、生前、本郷が研究開発を進めていた脳の生命維持装置につないだのだ。会話は振動によって脳に伝わっているようだ。ある日、本郷が絶望の日々を送る研究室に刑事が現れる。

 人間にとって死とは何かを問う衝撃の長編。

(河出書房新社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    深キョンもびっくり?田中みな実キャラ変で絶好調の新境地

  3. 3

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  4. 4

    正直大変…水野美紀さんはまともに目を合わせるとヤラレル

  5. 5

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  6. 6

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

  7. 7

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  8. 8

    組織委が責任逃れ 東京五輪は“死のボランティア”も現実に

  9. 9

    巨人はグラリ…ドラ1指名は大船渡・佐々木か星陵・奥川か

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希は「U18日本代表を辞退すべき」の根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る