「捜査一課殺人班 狼のようなイルマ」結城充考著

公開日: 更新日:

 あらゆる毒を自在に操る殺し屋の蜘蛛は、依頼された仕事を完遂後に、クライアントに命を狙われる。蜘蛛はクライアントの闇組織を通じて、自分の始末を命じた本当の依頼人に接触する。

 一方、不審死体が見つかった地下鉄のトイレに臨場した捜査第1課の女刑事・入間祐希(イルマ)は、遺体から血液が流れ続けていることに気がつく。鑑定で死因はハブ毒による多臓器不全と判明。イルマは聞き込み中に聞いた新興IT企業シェヴロン社の存在が気になる。さらに、銀座のレストランで外国人が服毒死。調べると青酸カリを飲んで死んだ男の遺体から樹木の種子から採取される猛毒ストリキニーネが検出される。

 組織からはみ出した一匹狼のイルマが事件の真相に迫る警察小説。

 (祥伝社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  3. 3

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  4. 4

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  9. 9

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る