「K2 池袋署刑事課 神崎・黒木」横関大著

公開日: 更新日:

 池袋署の刑事・神崎は、ペットの猿が逃げたと通報を受け、同僚の黒木と飼い主の池田に話を聞きに行く。ホストクラブを経営する池田が番犬代わりに飼っていたという猿は、コンビニで買い物中、車の中からこつぜんと姿を消してしまったという。神崎は池田に遺失届を出すよう助言して、その場を辞すが、黒木は野暮用が出来たと、どこかに行ってしまう。

 1週間後、池田の他殺体が自宅で見つかり、神崎は先輩らと現場に駆け付けるが、黒木は現れない。あれ以来、黒木は行き先も告げずに単独行動が続いていた。一方、情報屋の諸星は、黒木の指示で池田が経営していたホストクラブに見習いとして潜入する。

 理論派の神崎と直感派の黒木。対照的な2人がバディを組む警察小説。

(講談社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る

人気キーワード