「K2 池袋署刑事課 神崎・黒木」横関大著

公開日: 更新日:

 池袋署の刑事・神崎は、ペットの猿が逃げたと通報を受け、同僚の黒木と飼い主の池田に話を聞きに行く。ホストクラブを経営する池田が番犬代わりに飼っていたという猿は、コンビニで買い物中、車の中からこつぜんと姿を消してしまったという。神崎は池田に遺失届を出すよう助言して、その場を辞すが、黒木は野暮用が出来たと、どこかに行ってしまう。

 1週間後、池田の他殺体が自宅で見つかり、神崎は先輩らと現場に駆け付けるが、黒木は現れない。あれ以来、黒木は行き先も告げずに単独行動が続いていた。一方、情報屋の諸星は、黒木の指示で池田が経営していたホストクラブに見習いとして潜入する。

 理論派の神崎と直感派の黒木。対照的な2人がバディを組む警察小説。

(講談社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る