「マツダ 心を燃やす逆転の経営」山中浩之著

公開日: 更新日:

 1992年、マツダは全社員が1台ずつ買ってくれないと販売目標台数に及ばない状況に追い込まれていた。トラックや大衆車のメーカーというイメージを払拭して乗用車で上位メーカーに対抗するための戦略に失敗したのだ。「製品は出たけど売れないから全部やり直し」ということを繰り返していたが、金井誠太は、毎年、1車種か2車種必ず新車を出すなら、違う車種同士の共通化を視野に入れなければと考えた。異なる車種でも共通の「固定部分」と車種ごとに変えなければならない「変動部分」を分ける。そのためには将来の車種を早めに想定して考えることが必要だと。

「モノ造り革新」を牽引したマツダ元会長が「マツダ地獄」からの復活を語る。

(日経BP 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る