「マツダ 心を燃やす逆転の経営」山中浩之著

公開日: 更新日:

 1992年、マツダは全社員が1台ずつ買ってくれないと販売目標台数に及ばない状況に追い込まれていた。トラックや大衆車のメーカーというイメージを払拭して乗用車で上位メーカーに対抗するための戦略に失敗したのだ。「製品は出たけど売れないから全部やり直し」ということを繰り返していたが、金井誠太は、毎年、1車種か2車種必ず新車を出すなら、違う車種同士の共通化を視野に入れなければと考えた。異なる車種でも共通の「固定部分」と車種ごとに変えなければならない「変動部分」を分ける。そのためには将来の車種を早めに想定して考えることが必要だと。

「モノ造り革新」を牽引したマツダ元会長が「マツダ地獄」からの復活を語る。

(日経BP 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る

人気キーワード