「暁天の星」葉室麟著

公開日: 更新日:

 明治21年、黒田清隆内閣で、陸奥宗光は特命全権大使としてワシントンに赴任した。太平洋を渡る船の中で、陸奥は妻の亮子に、幕末は尊攘派と徳川幕府、明治には新政府と不平士族との闘いだったが、これからは日本人として、諸外国との闘いが始まると語った。

 ある日、駐米公使館のパーティーで、メキシコ公使のロメロと知り合った。ロメロは、日墨修好通商航海条約を結ぶべきだと言う。日本は欧米諸国に引け目を感じて、まずイギリスやフランスとの不平等条約を改正しようとしているが、欧米諸国以外の国との交渉を優先すべきだと。

「日本人外交官」として不平等条約の改正に取り組んだ陸奥宗光の生涯を描いた未完の大作。他に短編や細谷正充の解説を収載。

(PHP研究所 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  10. 10

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

もっと見る

人気キーワード