「曙光を旅する」葉室麟著

公開日: 更新日:

 著者は地方紙の記者をしていた頃から、戦後史を知るためには沖縄に行かなければならないと思っていた。

 平成28年7月、東村でヘリパッド建設工事の再開反対の抗議行動が行われようとしたとき、沖縄を訪れ、琉球新報の高嶺朝一前社長から話を聞いた。高嶺氏は昭和45年に米軍車両などが焼き打ちされるコザ暴動が起きて以来、沖縄の激動を目のあたりにしてきた。沖縄が求めているのは個人の尊厳や人権の尊重、自己決定権などで、それはアメリカの独立宣言でうたわれているものと同じである。そして、日本政府も明治12年の琉球処分以来、沖縄に対して同じことを繰り返している。

 葉室麟がこれまでの人生で通り過ぎてきた場所を語るエッセー。

(朝日新聞出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る