「草笛物語」葉室麟著

公開日: 更新日:

 直木賞受賞作「蜩ノ記」に始まる時代小説、羽根藩シリーズの第5弾。

 無実の罪でとらわれた戸田秋谷が、「蜩ノ記」をのこして切腹してから16年が過ぎた。羽根藩江戸屋敷に住む赤座颯太は、周囲から泣き虫颯太とからかわれる13歳の少年。同い年の世子、鍋千代の小姓を務めていたが、はやり病で両親を相次いで亡くし、国元に帰ることになった。鍋千代は、幼なじみの颯太へのせんべつに、1振りの名刀を授けた。

 国元では、次期主君に鍋千代を推す中老と、主君の座を狙う一派が対立していた。翌年、藩主が急逝し、名を吉通と改めた鍋千代が新藩主として国入りした。

 城では、権謀術数が渦巻いている。若き藩主をどうお守りすればよいのか。武士の天命とは何か。颯太は戸惑い、悩みながらも、少しずつ大人になっていく。

 颯太の伯父、水上岳堂。「鵙どの」と呼ばれて恐れられている戸田順右衛門。颯太をあずかる薬草園の番人、檀野庄三郎とその妻。登場人物の多くは、戸田秋谷ゆかりの者たちだ。秋谷はのこされた者たちに何を伝えようとしたのか。

 登場人物たちの凜とした生き方と、人の情のぬくもりが心に残る好読み物。

(祥伝社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る