「草笛物語」葉室麟著

公開日:  更新日:

 直木賞受賞作「蜩ノ記」に始まる時代小説、羽根藩シリーズの第5弾。

 無実の罪でとらわれた戸田秋谷が、「蜩ノ記」をのこして切腹してから16年が過ぎた。羽根藩江戸屋敷に住む赤座颯太は、周囲から泣き虫颯太とからかわれる13歳の少年。同い年の世子、鍋千代の小姓を務めていたが、はやり病で両親を相次いで亡くし、国元に帰ることになった。鍋千代は、幼なじみの颯太へのせんべつに、1振りの名刀を授けた。

 国元では、次期主君に鍋千代を推す中老と、主君の座を狙う一派が対立していた。翌年、藩主が急逝し、名を吉通と改めた鍋千代が新藩主として国入りした。

 城では、権謀術数が渦巻いている。若き藩主をどうお守りすればよいのか。武士の天命とは何か。颯太は戸惑い、悩みながらも、少しずつ大人になっていく。

 颯太の伯父、水上岳堂。「鵙どの」と呼ばれて恐れられている戸田順右衛門。颯太をあずかる薬草園の番人、檀野庄三郎とその妻。登場人物の多くは、戸田秋谷ゆかりの者たちだ。秋谷はのこされた者たちに何を伝えようとしたのか。

 登場人物たちの凜とした生き方と、人の情のぬくもりが心に残る好読み物。

(祥伝社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る