「夜間飛行」北迫薫著

公開日: 更新日:

 岬の町の料亭、富貴楼で、経営者の増澤干支吉の娘、裕子の葬儀が行われた。県知事や代議士、芸能人の花輪が並ぶ会場に黒塗りのハイヤーが止まり、強い香りとともに降りてきたのは、まるで結婚式に招かれたようないでたちの奇妙な一団だった。その中の一人、髪を七三に分けてポマードで固め、ネクタイにダークスーツ姿の人物は、誰が見ても女だったが、過剰にまで男としてふるまっていた。後日、東京からチョコレートのギフトセットが届いた。送り主は銀座「姫」のママ、山口洋子だった。裕子は「姫」のナンバーワン「女給」だったのだ。

 昭和の文士たちに愛され銀座の華とうたわれた女の数奇な人生を描く。

(新潮社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る

人気キーワード