「『あしたのジョー』と梶原一騎の奇跡」斎藤貴男著

公開日:  更新日:

 昭和40年代、「あしたのジョー」や「巨人の星」など数々の名作で、少年文化に多大な影響を与えた漫画原作者・梶原一騎の人生を追った評伝。

 ある編集者は、読者や次の世代の漫画家に与えた影響力の点で、梶原を手塚治虫にも匹敵する存在だという。しかし、その人生は神様として崇拝された手塚とは対照的だった。昭和11年、東京で生まれた梶原は少年時代から乱暴者で、13歳で救護院に入所。そこから成り上がり、原作者として一世を風靡するが、後半生は事件やスキャンダルにまみれた末、大病に侵され、わずか50歳で世を去る。その生い立ちから名作誕生の背景まで、多くの関係者の証言を基に描きながら、梶原の人生の影にも触れた力作。

(朝日新聞出版 960円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  9. 9

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る