「くさらないイケメン図鑑」吉田潮著

公開日: 更新日:

 イケメンの定義は人さまざまで、最近では「イケメン~」と職業の前にまるで句のように添えて、もてはやしたりする。

 辛口テレビ批評で知られるエッセイスト・イラストレーターの著者は、そんな風潮を「曖昧なままで持ち上げてしまえ、キャッチーな肩書でブームにしてしまえ」という日本独自の文化が、「イケメンという言葉を独り歩きさせ、無駄に蔓延させたのではないか」と斬る。

 本書は、そんな著者自身の主観で「テレビドラマ史に残る・残したい」イケメン男優を一堂に集めたイラスト図鑑。

 まずは「すっぽこ系」イケメン。「すっぽこ」とは、イケメン気取りで登場しても、最終的には三の線へと落とし込まれる「すっとこどっこい」や「へっぽこ」な役を演じることが多いイケメンのこと。

 このジャンルに分類された近藤正臣は、今でこそインテリ好々爺役を演じるが、1969年のスポ根ドラマ「柔道一直線」で主人公のライバル役を演じた際、柔道に必要な足指の柔軟性をアピールするためにピアノに飛び乗って「ねこふんじゃった」を足指で弾いたと暴露。

 渡部篤郎も、元妻・元カノに「踏み台」にされた感じがにじみ出る二枚目で、「優柔不断」を人で表したらこういう顔になるだろうとばっさり。

「顔圧系」イケメンに分類された山田孝之は、バランスのいいベビーフェースを覆いつくすほどのヒゲの濃さで、遠目で見るとマリモっぽい、と言いたい放題。一方で、舞台「フル・モンティ」での甘い歌声を、口パク歌下手アイドルには、その爪のあかを煎じずに、じかに飲ませたいと高く評価する。

 ピックアップした265人を9ジャンルに分類。そのうち100人をイラストと解説で「斜め上から」愛でており、イケメンに密かに対抗心を燃やす世の男性諸氏も楽しめるはず。

(河出書房新社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 2
    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

  3. 3
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

  4. 4
    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

もっと見る

  1. 6
    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

  2. 7
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 8
    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

  4. 9
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 10
    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき

    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき

人気キーワード