「くさらないイケメン図鑑」吉田潮著

公開日: 更新日:

 イケメンの定義は人さまざまで、最近では「イケメン~」と職業の前にまるで句のように添えて、もてはやしたりする。

 辛口テレビ批評で知られるエッセイスト・イラストレーターの著者は、そんな風潮を「曖昧なままで持ち上げてしまえ、キャッチーな肩書でブームにしてしまえ」という日本独自の文化が、「イケメンという言葉を独り歩きさせ、無駄に蔓延させたのではないか」と斬る。

 本書は、そんな著者自身の主観で「テレビドラマ史に残る・残したい」イケメン男優を一堂に集めたイラスト図鑑。

 まずは「すっぽこ系」イケメン。「すっぽこ」とは、イケメン気取りで登場しても、最終的には三の線へと落とし込まれる「すっとこどっこい」や「へっぽこ」な役を演じることが多いイケメンのこと。

 このジャンルに分類された近藤正臣は、今でこそインテリ好々爺役を演じるが、1969年のスポ根ドラマ「柔道一直線」で主人公のライバル役を演じた際、柔道に必要な足指の柔軟性をアピールするためにピアノに飛び乗って「ねこふんじゃった」を足指で弾いたと暴露。

 渡部篤郎も、元妻・元カノに「踏み台」にされた感じがにじみ出る二枚目で、「優柔不断」を人で表したらこういう顔になるだろうとばっさり。

「顔圧系」イケメンに分類された山田孝之は、バランスのいいベビーフェースを覆いつくすほどのヒゲの濃さで、遠目で見るとマリモっぽい、と言いたい放題。一方で、舞台「フル・モンティ」での甘い歌声を、口パク歌下手アイドルには、その爪のあかを煎じずに、じかに飲ませたいと高く評価する。

 ピックアップした265人を9ジャンルに分類。そのうち100人をイラストと解説で「斜め上から」愛でており、イケメンに密かに対抗心を燃やす世の男性諸氏も楽しめるはず。

(河出書房新社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る