「『いいね!』戦争」P・W・シンガーほか著 小林由香利訳

公開日: 更新日:

 ソーシャルメディアの仕掛け人であるエンジニアたちが意図的に設計したのは、依存性のあるプラットフォームである。自分の投稿に他人から反応があるとドーパミンが分泌され、投稿や「いいね!」「シェア」を繰り返したくなるのだ。

 2014年、自称イスラム国の戦闘員たちが、イラク北部になだれ込んだ。彼らの画像を、支持者やツイッター・ボットがインスタグラムに投稿し、さらにハッシュタグ付きのアカウントがつくられて、そのメッセージが拡散された。それは、猛烈な勢いで広がって、世界に恐怖と分裂と背信の種をまいたのだ。

「いいね!」や「シェア」によってソーシャルメディアが兵器化する脅威を語る、今読むべき一冊。

(NHK出版 2400円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る