「『いいね!』戦争」P・W・シンガーほか著 小林由香利訳

公開日: 更新日:

 ソーシャルメディアの仕掛け人であるエンジニアたちが意図的に設計したのは、依存性のあるプラットフォームである。自分の投稿に他人から反応があるとドーパミンが分泌され、投稿や「いいね!」「シェア」を繰り返したくなるのだ。

 2014年、自称イスラム国の戦闘員たちが、イラク北部になだれ込んだ。彼らの画像を、支持者やツイッター・ボットがインスタグラムに投稿し、さらにハッシュタグ付きのアカウントがつくられて、そのメッセージが拡散された。それは、猛烈な勢いで広がって、世界に恐怖と分裂と背信の種をまいたのだ。

「いいね!」や「シェア」によってソーシャルメディアが兵器化する脅威を語る、今読むべき一冊。

(NHK出版 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  10. 10

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

もっと見る