北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「終の航路」カサンドラ・モンターグ著、新井ひろみ訳

公開日: 更新日:

 ヒロイン冒険譚である。わが子を父親に奪われた母親が、どこまでも追いかけていく話だ。なんだ、よくある話だ。そう思われるかもしれないが、けっしてよくある話ではない。なぜなら、時代が2130年、地球上のほとんどが水没した未来が舞台だからだ。

 ヒロインのマイラは7歳の娘パールを連れて小舟でずっと旅をしている。時折、陸の交易所に寄り、つり上げた魚と生活必需品を交換するささやかな毎日だ。国家はすでになく、武装集団が略奪と殺戮を繰り返している。海は危険でいっぱいだ。

 長女のロウは5歳のとき、夫のジェイコブに連れ去られ、それ以来、ロウを捜す旅を続けているが、昔グリーンランドと呼ばれていた北の島に捕らわれていることを知る。初潮を迎えれば武装集団の繁殖船に送り込まれてしまうので、それまでには奪還したい。ところが最果ての地に赴くにはマイラでは無理だ。航海術の素人だし、粗末な小舟だし、不可能である。では、どうするか。ここから、さまざまな登場人物が立ち現れ、マイラの冒険が始まっていく。

 長女が連れ去られたとき、お腹にいた次女パールはもう7歳。陸にあがるたびに小さな蛇を捕まえてきてペットにしている。この少女の孤独と可愛さが胸を打つ。旅の途中で合流するダニエルをはじめとする脇役も個性的で、物語に奥行きが生まれていることも見逃せない。一気読みの傑作だ。

(ハーパーコリンズ・ジャパン 1118円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  9. 9

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  10. 10

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

もっと見る

人気キーワード