北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

公開日: 更新日:

 競歩は常にどちらかの足が地面に接していなければならない。両方の足が地面から離れると、ロス・オブ・コンタクトという反則を取られる。もうひとつは、前に出したほうの足は接地の瞬間から地面と垂直になるまでの間、膝を曲げてはならず、曲げてしまうと、ベント・ニーという反則になる。レースは周回コースで行われるが、コースには審判員がいて、前を通る選手の歩様をチェック。違反の恐れがあると判断したら黄色い旗で注意。それでも選手が修正しないと今度は赤い札を出す。これが3枚たまると失格――というのが競歩の基本的なルールで、これを知っているだけでレースを楽しむことができる、とは本書の弁だ。なるほど、面白そうだ。

 高校時代に天才作家と言われ、ベストセラーを出したものの、今は鳴かず飛ばずの大学生、榛名忍が次の小説の素材に競歩を選び、競歩選手の八千代を取材していくのが本書のメインストーリー。前記のルールを知っていれば、最後まで反則点をもらわずにいると、ラストの追い込みを遠慮なくできるが、そこまでに赤札を2枚もらっていると、あと1枚で失格だから、自由には動けない――ということもわかってくる。駆け引きが重要なスポーツであるのだ。

 自分を見失っている忍と、けっして一流選手とは言えない八千代の、それぞれの青春がはたして花開くことがあるのかどうか。私たちは固唾をのんで見守るのである。 (光文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る