北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「新蔵唐行き」志水辰夫著

公開日: 更新日:

 岩船新蔵、ふたたびの登場である。前作「疾れ、新蔵」では、10歳の志保姫を国に届けるために旅に出たが(その途中で、駕籠かき2人、継ぎはぎだらけのぼろを着た若い娘、さらに彼女の連れたイノシシが合流して5人と1匹の旅になるところがケッサクだった)、今度はスケールがでかい。

 新蔵は新潟の廻船問屋三国屋の手代として暮らしているが、乗った船が行方不明となった主家の若主人を捜すため長崎に行くのだ。さらに、父親に会いに行く若い娘を連れて唐に渡っていく。鉄芯入りの木刀を持って。

 この木刀は、武者修行していた武芸者から、新蔵が13歳のときにもらったものである。山中で一心不乱に木刀を振っている男に「弟子にしてください」と頼み込み、1カ月だけ教えてもらったのだが、別れ際に師匠が鉄芯入りのその木刀をくれた。それ以来、いつも新蔵は木刀を離さない。

 唐への旅に同行するのはもうひとり、得体の知れない藤若だ。悪党なので油断できないが憎めないところもある。こういうキャラクターを著者は好きなようで、前作に登場した駕籠かきの政吉と銀治に通底するものがある。

 半分強のところでロードノベルとしてのゴールを迎えてしまうので、おや、どうなるんだろうと思っていると、新蔵はそこから修羅の世界の争いに巻き込まれていく。阿片戦争の真っ最中という時代を背景にした時代小説だが、志水辰夫はやっぱりいい。

(双葉社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  6. 6

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  7. 7

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  8. 8

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  9. 9

    巨人の“難アリ”新外国人<上>手術の後遺症不安のサンチェス

  10. 10

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る