「脳が若返る最高の睡眠」加藤俊徳著

公開日: 更新日:

 入眠困難や途中覚醒など、睡眠に悩みを持つ日本人は2000万人にものぼる。本書では、不眠に対して脳という視点からアプローチし、脳内科医である著者が考案した「脳番地睡眠法」によって睡眠問題を解決に導く方法を解説している。

 脳には1000億個以上の神経細胞があり、部位ごとにさまざまな機能を分担している。著者はこれらに“脳番地”と名付け、8つの番地に大別している。例えば、思考系脳番地は物事を考えるときに、運動系脳番地は全身を動かすときに、伝達系脳番地はコミュニケーションを取るときに働くエリア、という具合だ。

 実は、これらの脳番地が日中にバランスよく使われないと、ぐっすりと眠ることができなくなる。睡眠とは、脳を休めること。ところが、使われない脳番地では眠る必要性が低下し、良質な睡眠が得にくくなるのだ。

 脳番地睡眠法では、寝不足に陥りやすい脳番地を日中に集中的に使っていく。本来、私たちは日中に活動しながら、目で見て、耳で聞き、手足を動かし、誰かと会話をしている。そして脳の中では、視覚系、聴覚系、運動系、伝達系という4つの脳番地が使われている。しかし、定年を迎えるなどして外出や人と話す機会が減ると、これらの脳番地が使われず、眠る理由がなくなって、不眠につながりかねない。

 そんなときは、日中に1時間程度歩くようにすると視覚系、聴覚系、運動系が使われる。そして、本を音読したり、誰かを喜ばせるために献立を考えて料理をすると、伝達系の刺激になるそうだ。

 本書では、睡眠不足と認知症との深い関係についても解説している。脳をしっかりと使い、ぐっすり眠ることが、健康長寿の鍵になると心得よう。

 (小学館 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る

人気キーワード