「増補版 うまい日本酒をつくる人たち」増田晶文著

公開日: 更新日:

 全国各地の銘酒蔵を訪ね、その造り手たちの思いや酒造りの哲学を聞き出しながら、彼らの造った酒を味わう酒紀行。

 秋田の「新政酒造」を率いる8代目当主・佐藤祐輔は、自らを「僕はとにかくポリシー先行型。奇人変人呼ばわりされることもありますが、それくらいの信念がないと日本酒の蔵はやっていけません」という。東大卒業後、フリーライターから転身して家業を継いだ佐藤は、地元で晩酌や慶弔の場で飲まれていた普通酒の新政を、一躍スターブランドに育て上げた。新政を、そして日本酒の未来を見据え、日用品ではなく芸術品を目指すその酒造りの信念を聞き出す。

 ほか、島根県の「池月酒造」や、埼玉県の「ベンチャーウイスキー」など14の酒蔵を巡る。

(草思社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  6. 6

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  7. 7

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  8. 8

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    巨人の“難アリ”新外国人<上>手術の後遺症不安のサンチェス

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る