「われらみな食人種(カニバル)」クロード・レヴィ=ストロース著 渡辺公三監訳 泉克典訳

公開日: 更新日:

 1997年9月、英国のダイアナ妃の葬儀において、弟であるスペンサー伯爵が弔辞で、残された2人の甥と自分は強い絆で結ばれていると述べた。著者はこれを枕に、ラドクリフ=ブラウンの母方オジの重要性に光を当てた論文に言及し、次いで中世武勲詩「ローランの歌」の母方オジの活躍ぶりを紹介し、さらにはネパール、南インド、アフリカにおける家族構造との類似にまで話を広げていく。

 レヴィ=ストロースは構造主義の泰斗として20世紀の現代思想に大きな影響を与えた文化人類学者だが、本書にはイタリアの日刊紙で1989年から2000年にかけて年2回ほどのペースで書き継がれた時評が収められている。冒頭の「火あぶりにされたサンタクロース」だけは52年発表で、クリスマスイブの日、フランスのディジョンの大聖堂広場でサンタクロースの人形が火刑に処されたという記事を枕に、サンタクロース信仰に潜むイニシエーション儀礼の要素をあぶり出していく。

 本書に収められた17編はいずれも刺激的。表題作は、人肉食とクールーという進行性の随意運動失調との関連から説き起こし、カニバリズムの政治的、魔術的、儀礼的、治療的というさまざまな側面から光を当てていく。あるいは、フェミニズム運動やジェンダー・スタディーズに触れて母権制の実態を考察し、ヒトが発情期を失った理由へと及ぶ。また当時世界中を騒がせた狂牛病については、人類の肉食の起源を出発点として、穀物生産の3分の2が動物飼育に用いられている現状から肉食から脱却する未来像を提示する。

 世界有数の優れた知性が時々の問題を広い視野で捉えていく手際は見事で、知的興奮に満ち、視野狭窄に陥りがちな我々に反省を促す。現在、ヒートアップ気味な新型コロナウイルスの問題も、著者ならばどういう切り口で捉えただろうか。

 本書は著者の入門的な役割も果たしており、興味を持った方は、「野生の思考」(みすず書房)、「悲しき熱帯」(中公クラシックス)も併読を。 <狸>

(創元社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

もっと見る