「大きな字で書くこと」加藤典洋著

公開日: 更新日:

 昨年5月16日、71歳で亡くなった文芸評論家・加藤典洋の遺著。加藤はパソコンを使う以前はB6判の400字詰め原稿用紙に小さい字で書いていたという。

 パソコンに移行してからも小さいポイントの文字を小さく表示し、「メンドーなことがら、こみいった問題」を書いていった。そうすることで「鍋の料理が煮詰まってくるように、意味が濃くなってきた」のだという。長いことそうやって書いてきたが、もう一度「大きな字」でシンプルなことを書いてみたいと思うようになった。

 それが本書の第1部をなす表題の連載コラムである。第2部も、手で抱えられ、足でひょいと飛び越すことのできる「水たまりの大きさで」物事を考えてみようという思いでつづられたもので、本書には、これまであまり語られることのなかった学生時代の思い出や、戦時中に特別高等警察(特高)に勤務していた父との確執、そして身辺雑事などが簡潔に記されている。

 その他、最後まで考え続けていた、憲法9条、日米安保条約、原爆といった大きな問題も登場するが、そうした事柄をも、理詰めではなく、素描風にサラッと書きながら、そこから湧いてくる自らの感情との出合いを書き留めるというスタイルでつづられる。もっとも父の思い出は例外的に5回にわたり書き継がれ、父が治安維持法違反で、あるクリスチャンを逮捕したことを告白したことの経緯が明かされている。そこで加藤は思う。もし治安維持法がなければ父の人生は違っていた。自分の人生は、どうだったろう、と。

 加藤典洋といえば「アメリカの影」(講談社)や「敗戦後論」(筑摩書房)といったポレミーク(論争的)なイメージが強いが、病床で死の直前まで書き継がれた本書の文章は、それらとは違う、新たな「晩年のスタイル」の始まりだったのかもしれない。残念ながら、この続きはもう読むことができないのだが。 〈狸〉

(岩波書店 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

もっと見る

人気キーワード