「舌を抜かれる女たち」メアリー・ビアード著 宮崎真紀訳

公開日: 更新日:

 本書のカバーには、オウィディウスの「変身物語」の挿話を題材としたピカソの絵が飾られている。トラキア王のテレウスが義理の妹のピロメラを犯している場面だ。細い線のみで描かれたエッチングだが、組み敷かれているピロメラがテレウスの胸を押しのけようとする手が印象的だ。ピロメラはテレウスにレイプされたことを公言してやるというが、それを恐れたテレウスは彼女の舌を抜いてしまう。

 シェークスピアの戯曲「タイタス・アンドロニカス」では、ローマの将軍タイタス・アンドロニカスの娘ラヴィニアがゴート族の男に強姦された上、口封じのために舌と両手を切り落とされる。著者いわく、「女たちの口をつぐませることにかけては、西欧文化には何千年もの実績があるのです」。

 著者のビアードはケンブリッジ大学古典教授だが、フェミニストとしてテレビやラジオなどで歯に衣着せぬ言動をとり、「イギリス一有名な古典学者」とも呼ばれている。本書は、2014年と17年に行った講演をコンパクトにまとめたもの。古典学者らしく、ギリシャ・ローマ以来、いかに女たちが議論したり発言したりすることを封じられてきたかを、ホメロスらの古典作品を引きながら例証していく。

 しかし問題なのは、この口封じが21世紀の現代でも続いていることだ。ドイツのメルケル、イギリスのサッチャー、さらにはヒラリー・クリントンまでもがギリシャ神話の女の怪物メドゥーサに擬され、彼女らの顔をメドゥーサの顔に合成された画像が堂々と出回った。これは、本来黙っているはずの女性が権力を持つことに対する男たちの強い揶揄と警戒心なのだろう。著者自身も、テレビの討論会に出席した後、聞くに堪えないような不愉快なツイッター攻撃を受けているし、本書には自らのレイプ体験も語られている。

 しかし、舌を抜かれたピロメラはただ黙っていたのではない。自分が犯されたことをタペストリーに織り込み、見事復讐を果たす。そんな強さが本書には漲(みなぎ)っている。 <狸>

(晶文社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る