「ゆかいな珍名踏切」今尾恵介著

公開日: 更新日:

 踏切にそれぞれ名前があることをご存じだろうか。警報機の札に記された名前がそれだ。関東の大手私鉄では駅名プラス番号などの素っ気ないものが主流だが、JRや地方の私鉄には固有名詞が多いという。中には地元の人にも由来がわからない謎めいた名前の踏切もあるそうだ。自称「踏切名称マニア」の著者が、そんな全国の珍名踏切を訪ね歩く鉄道本。

 JR山陽本線東加古川駅から南下すると現れる「勝負下(しょうぶした)」と「勝負中(しょうぶなか)」という名の踏切にはじまり、JR南武線稲田堤駅前の観光地でもないのに「観光道踏切」やJR飯山線上今井駅の南にある「パーマ踏切」、JR水郡線東館駅近くの「天皇様踏切」など、全国29の珍名踏切を訪ね、その由来を解き明かす。

(朝日新聞出版 810円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  6. 6

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  7. 7

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  8. 8

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  9. 9

    山梨県知事「五輪中止」発言 裏で糸引く二階幹事長の思惑

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る

人気キーワード