「欲望の経済を終わらせる」井手英策著

公開日: 更新日:

 財政を小さくして規制を緩め、経済的、政治的な自由を強めれば最高の未来がやってくると説いた「新自由主義」。日本では2000年代に緊縮財政と規制緩和にまい進した小泉政権期に一気に広がりを見せた。なぜかくも「自由」なる言葉が人々の心を捉えたのか。そして新自由主義の古臭い主張が、なぜあれほどまでに世の中を魅了したのか。また新自由主義の震源地である米国や英国で今、自由を否定するかのような動きが起きつつあるのはなぜか。財政の歴史を振り返りながら、新自由主義の思想が広がり影響力を得た背景を探る論考。

 1970年代からの日本と世界の動きを徹底検証。その反省を踏まえ、共通の利益をみなで満たし合う「頼り合える社会」の実現を目指す財政システムを提言する。

(集英社インターナショナル 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

もっと見る