「弘兼流 『老春時代』を愉快に生きる」弘兼憲史著

公開日: 更新日:

 人気漫画家による定年後の生き方指南。

「人生100年時代」となり、老後は「悠々自適」など今では「絵に描いた餅」でしかない。人によってはセカンドキャリアへの移行さえ簡単ではない。さらに、新型コロナウイルスによって、これまでの人生観や価値観を軌道修正する必要性にも迫られている。

 そんな時代ではあるが、ハッピーなフィナーレを迎えるため、変化を恐れず、何かにチャレンジし、それを楽しむことによって、新しい自分に出合う第二の青春時代=「老春時代」の過ごし方をアドバイス。

 復活したピン芸人ひろしに見習う「ひとり上手」、人生後半の「快適幅」を広げるITスキルを高める方法、そして離婚や別居でなく「別住」を勧める夫婦の関係まで。45の秘訣で説く。

(海竜社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  6. 6

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る

人気キーワード