「定年消滅時代をどう生きるか」中原圭介著

公開日: 更新日:

 2020年は日本の雇用が大変革を遂げる年になると著者はいう。AIなどのデジタル技術のさらなる普及に伴って、雇用の流動化が進む一方、経営環境も目まぐるしく変化し、企業の平均寿命は現在の24年からさらに短くなり、近い将来に20年を切るといわれているからだ。

 平均寿命がさらに延び、70代でも働くのが当たり前の時代になると、会社員生活は企業寿命の2・5倍を超える長さとなり、平均的な働き方をする日本人であれば、計算上は人生で3つの仕事や会社を経験しなければならなくなる。

 こうした日本社会の雇用の現在と未来を分析・展望しながら、自らの価値を高める方法や時代にあった働き方を教えてくれる生き方指南書。

 (講談社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  9. 9

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  10. 10

    初めて歩いた瞬間のビデオ…赤の他人から返されビックリ!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る