「定年消滅時代をどう生きるか」中原圭介著

公開日: 更新日:

 2020年は日本の雇用が大変革を遂げる年になると著者はいう。AIなどのデジタル技術のさらなる普及に伴って、雇用の流動化が進む一方、経営環境も目まぐるしく変化し、企業の平均寿命は現在の24年からさらに短くなり、近い将来に20年を切るといわれているからだ。

 平均寿命がさらに延び、70代でも働くのが当たり前の時代になると、会社員生活は企業寿命の2・5倍を超える長さとなり、平均的な働き方をする日本人であれば、計算上は人生で3つの仕事や会社を経験しなければならなくなる。

 こうした日本社会の雇用の現在と未来を分析・展望しながら、自らの価値を高める方法や時代にあった働き方を教えてくれる生き方指南書。

 (講談社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

もっと見る

人気キーワード