「定年後のお金」楠木新著

公開日: 更新日:

 人生100年時代といわれるが、退職金や年金を受け取っているのに、自分の楽しみにお金を使っている定年退職者は意外に少ない。本書は、そんな中高年サラリーマンたちのお金の問題について考察したエッセー。

 国際意識調査の結果や、巷にあふれる「定年後に必要な資金額」などの情報を取り上げ、老後のお金の不安は「実はお金の問題ではなく、自分の中にある未来に対する不安であり、将来の出来事に対応できない恐れではないか」と指摘。お金を使うのは本来は楽しいはずだが、定年後、使い道が分からなかったり、使うことができなかったりする人がいる。貯蓄や投資が自己目的化している人もいる。家計財産をどのように管理するかを論じながら、人生を豊かにする生き方を考える。

(中央公論新社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  6. 6

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  7. 7

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る