「画鬼と娘」池寒魚著

公開日: 更新日:

 明治22年4月26日、狩野派最後の絵師・河鍋暁斎が息を引き取った。享年58歳。その日、そこが暁斎の自宅とも知らずに男が訪ねてきた。応対した暁斎の娘とよ(暁翠)から事情を聞いた男は遺体に手を合わせ、そそくさと帰っていった。暁斎の弟子で、工部大学校で教壇に立つお雇い外国人コンデルを訪ねてきた男は、画家の五姓田義松だった。

 一方、訃報を聞いて駆けつけた弟子の小林清親は、コンデルと暁斎が「枯木寒鴉図」に法外な価格をつけた理由について話を始める。さらに幇間(ほうかん)の露八や、探検家の松浦武四郎の妻ら弔問客の相手をするとよの脳裏に父との思い出が蘇る。(表題作)

 ほかに、五姓田と父、高橋由一と息子の3組の画家親子の関係と名作誕生の舞台裏を描く連作時代集。

(集英社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る

人気キーワード