「バブル」山口ミルコ著

公開日: 更新日:

 男女雇用機会均等法が施行された少し後に、著者は損害保険会社に就職、自動車保険部に配属された。だが、「どうやらミルちゃんにこの仕事は向いていないらしい」と周囲が気づく。

 その頃、知人に声をかけられた。すごい編集長が新しい編集部員を探している、というのだ。「飛ぶ鳥を落とす勢い」の編集長に気に入られ、平成元年に転職。生まれて初めて名刺を持って仕事をすることになる。最初の仕事はボスが毎朝飲む漢方薬を煎じることだった。仕事で外出しても必ず「帰社」しなくてはならず、帰社するとなかなか帰宅できない、という日々が続く。

 バブルの時代、会社を愛してがんばったさまざまな業種の女性の日々を描く。

(光文社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  5. 5

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  8. 8

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  9. 9

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  10. 10

    不仲の菅と小池「GoToを止めるな!」で利害一致の国民愚弄

もっと見る

人気キーワード