「デパートの可憐さん!」笹森岬著

公開日: 更新日:

 バブル期にはアパレルショップの「カリスマ店員」が大きな話題を呼んだ。有名なカリスマ店員を擁する店は、わずか14坪の店で月商2億円以上売り上げたというから驚き。現在ではさすがにそうした勢いは失せたものの、接客術にたけた店員とそうではない人では売り上げに大きな差があるという。本書は、超ポジティブなアパレルショップのカリスマ店員が主人公だ。

【あらすじ】美澄可憐、28歳。全国に70店舗を展開するレディースとメンズを扱うカジュアルブランド「17ロマンティカ」の南支店のチーフだ。南支店が入っているのは札幌の商業施設、通称「デパート・トリコ」の5階のファッションフロア。社員3人、バイトとパート6人の総勢9人で早番・中番・遅番のシフトを回している。

 可憐は身長187センチ、学生時代には空手をやっており、高校生のときに素手で熊を撃退したという伝説の持ち主。そのごつい体格にきれいな服を身にまとっていることから「ごしゃれ」なカリスマ店員として名を馳せていた。こじらせ新入社員や正社員試験になかなか受からないアルバイトの面倒を見ながらも日々の激務をこなす可憐だが、ある日、幼馴染みの桜と同居することに。絶世の美少女だと思っていた桜が実はイケメン男子とわかって慌てる可憐だが、そのまま同居生活が始まる。そして憧れの本店勤務のチャンスがめぐってくる。

 だがそれにはライバル店との売り上げ競争に勝利しなければならない……。

【読みどころ】マネキンに着せる服の選定、商品のカラーリングによるディスプレー、クレームの処理といったアパレルショップの内側が描かれているが、恋に仕事に全力で立ち向かう可憐の前向きな姿勢に元気づけられる。 <石>

(KADOKAWA 630円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る