「外資のオキテ」泉ハナ著

公開日: 更新日:

 外資系企業の人気が高いという。国内企業に比べて外資がいい理由として、自分の裁量で仕事ができること、有給休暇や長期休暇などを遠慮なく行使できる、年功序列という上下関係はなく、風通しがいい、などが挙げられている。反対に、評価がシビアで長期に働くことへの不安などもあるが、国内企業と違った企業風土があることは確か。本書は小さい頃から英語を使う仕事に憧れていた女性が主人公だ。

【あらすじ】国内の大手企業に就職した貴美子は、幼い頃の夢を果たすべく27歳を迎える直前、アメリカへの語学留学を決行。懸命に勉強してTOEICで高いスコアを獲得、張り切って外資就活に臨む。

 ところが人材紹介会社の面接で、語学留学は何のキャリアにもならないどころかかえってマイナスだといわれてショックを受ける。おまけに面接官の英語はネーティブ並みで、自分の英語力がいかに貧しいものかを思い知らされる。それでもめげず、紹介された企業へ派遣で赴く。その会社はすでに閉鎖が決まっていて仕事は店じまいの手伝いといったところだが、上司のプロフェッショナルな仕事ぶりを見たことが大きな経験となった。

 次に行った生命保険会社では念願の秘書業に就くことができたが、その上司はとんでもないパワハラ女性で社内に名をとどろかせていた……。

【読みどころ】広いオフィスで流暢に英語を話し、時には海外出張で世界各地を飛び回る――そんな貴美子の甘い夢は見事に打ち砕かれてしまったが、いくつかの会社を経験したことで、大事なのは、外資も国内も関係なくきちんとした仕事をすることだという当たり前のことに気づく。

「外資系あるある」が満載のお仕事小説。 <石>

(KADOKAWA 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る