北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「自転しながら公転する」山本文緒著

公開日: 更新日:

 牛久大仏が見える町に住む都を主人公にした長編だ。32歳の彼女は東京で働いていたのだが、親の介護のために故郷にUターンして、いまはショッピングモールのアパレルショップで働いている。回転寿司屋で働く貫一と付き合っていて、熱海に行って「貫一おみやの像」を見るシーンがあることに留意。

 自分たちも「貫一おみや」なので、2人で笑ったりするのだ。しかし、読者は笑えない。なぜなら、冒頭はベトナムでの結婚式なのである。日本人女性がベトナム人と結婚するようで、異国で始まる生活への不安と期待が渦巻いている、というプロローグだ。

 で、物語が始まると、貫一が連れていってくれたのがベトナム料理屋で、そこでベトナム人のニャン君と知り合うという展開がある。そのベトナム料理屋はニャン君のお兄さんが経営している店で、ニャン君一族はベトナムでは金持ちらしい。これでは、都が貫一と別れてニャン君と結婚するのかと、この先の展開を推理してしまうのも無理はない。

 家族のこと、仕事のことなど、都を取り巻く日々が、秀逸な人物造形と巧みな挿話で、実に巧妙に語られていることにも急いで触れておく。それを読むだけでも十分に面白いのだが、それをプロローグがスリリングなものにしてしまう、と言い換えよう。

 山本文緒、7年ぶりの新刊だが、相変わらず絶妙で、新鮮で、読み始めたらやめられない。一気読みの傑作だ。 (新潮社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  6. 6

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  7. 7

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  8. 8

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  9. 9

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る

人気キーワード