「プロパガンダ戦争」内藤正典著

公開日: 更新日:

 冷戦後、民族や宗教などの対立が複雑に絡み合い、世界にさまざまな分断がつくり出されてきた。さらに、コロナ禍が新たな分断を生み出している。分断に拍車をかけているのがメディアだ。

 衝突する当事者たちは、持っているメディアを使用して都合の良いプロパガンダを発信。さらに世界の流れを有利にするために他のメディアも誘導する。

 その結果、対立する勢力によるプロパガンダ戦争が展開されてきた。一方でメディアは分断を修復することもでき、いずれの役割を果たすかは報道するジャーナリズム次第である。

 各国の新型コロナウイルス対応に始まり、同時多発テロ以降のテロとの戦い、移民危機がもたらした欧州の分断、そしてトルコや中東など、プロパガンダ戦争から世界情勢を読み解くテキスト。

(集英社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  2. 2

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  5. 5

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  6. 6

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  7. 7

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  8. 8

    不仲の菅と小池「GoToを止めるな!」で利害一致の国民愚弄

  9. 9

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  10. 10

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

もっと見る

人気キーワード