「ヤクザと過激派が棲む街」牧村康正著

公開日: 更新日:

 バブル直前の1983年、1万人の日雇い労働者が暮らしている山谷のドヤ街で、ヤクザと新左翼過激派の本格的な抗争が勃発した。これは労働者を抑圧していた日本国粋会金町一家と山谷争議団の衝突で、「金町戦争」と呼ばれ、現在も終結していない。

 70年代、三菱重工などの企業爆破事件を起こした東アジア反日武装戦線(反日)のメンバーだった黒川芳正らは日雇い労働者の経験があった。黒川が山谷の現場闘争委員会(現闘)を支援していたことから、現闘には「反日」を支持する者が多かった。

 一方、新左翼の活動家は自分の学生という恵まれた立場を否定し、弱者の立場に立とうと、山谷争議団を支援するようになったのだ。

 暴力革命を目指した新左翼の過激派と、山谷を支配するヤクザとの闘いを描く、熱いノンフィクション。

(講談社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る

人気キーワード