「ひとり酒、ひとり温泉、ひとり山」月山もも著

公開日: 更新日:

 世界は「楽しむときは誰かと一緒がいい」人を基準につくられているので、ひとりで出かけようとするとハードルが高い。だが、仕事で疲れて寝過ごしてしまった著者が、会社に体調不良で休むと連絡した後、予約サイトを検索して1人泊できる宿を発見。思い立って30分後に家を出て、1時間半後に石和温泉駅に到着した。

 夕食後に男女の浴室が入れ替わって、広い方が女湯になると聞いたのだが、テレビを見ながら寝てしまって、目覚めたら午前3時! この時間なら誰もいないと、大浴場に入った。

 誰にも邪魔されることなく、やっぱりひとりは楽しい。

 ひとりで喫茶店に入るのもためらっていた著者が楽しんだひとり酒、ひとり旅の記録。

(KADOKAWA 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る

人気キーワード