「赤ちゃんのふしぎ 科学ずかん」高橋孝雄監修 本作り空Sola編

公開日: 更新日:

 今はそれぞれが百人百様の人生を歩んではいるが、すべての人の始まりは赤ちゃんだ。

 しかし、母親から出てきたときに聞こえた初めての音、初めて見た母親や父親、初めて口にした母乳の味など、赤ちゃんのときの記憶がある人はほとんどいない。

 本書は、誰もが経験したが、その頃のことはすっかり忘れてしまっている赤ちゃんをじっくり観察、その不思議な事実や行動を一つ一つ解説した子ども向け図鑑である。

 まずは、「受精」の仕組みに始まる赤ちゃんが生まれるまでを、「赤ちゃんはお腹の中で何をしているの」「羊水ってなに」「なぜ赤ちゃんはお腹の中で育つの」など、素朴な疑問に答えるようにイラストで解説。

 中には、お腹の中の赤ちゃんは4カ月を過ぎ、指しゃぶりを始める頃から羊水を飲んでおしっこをするようになる。おしっこはまた羊水になる。などと大人でも知らないようなこともある。

 そして出産。母親から出るホルモンと赤ちゃん(胎盤)から出るホルモンがお互いに働き、生まれるきっかけとなる。もちろん赤ちゃんが、どこから生まれてくるのかもきちんと説明される。

 以降は、赤ちゃんのへその緒がとれるまでの経過や、生まれて2、3日経つとまるで脱皮するかのようにはがれ始める皮膚、そして生まれて間もないのににっこりと笑うのはなぜかなど。生まれたての赤ちゃんの不思議に始まり、首のすわりや、歯や言葉、蒙古斑まで。刻々と成長する赤ちゃんの変化をかわいらしい多くの写真とともに紹介。

 子どもたちに赤ちゃん時代の思い出話をしてあげるとき、そして弟や妹が生まれてくるとき、さらには性教育の参考書として、さまざまな機会に子どもと一緒に開きたい。

(あすなろ書房 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る

人気キーワード